青森県むつ市ガソリンスタンド会社役員女性殺人事件 消えた犯人

青森県むつ市で2006年に起きた殺人事件について触れていく。この事件は普段いつも通りの生活をしていた中で発生した事件。しかも犯人らしき物音や姿を見たり聞いたりした人物はおらず未だ未解決事件となっている。殺された女性と犯人との間でに何があったのだろうか。消えた犯人が残したミスとは。

長崎県佐世保市女子高生殺害事件「人を殺したい」対応が遅れた惨劇

2014年7月に長崎県でショッキングな事件が発生した。16歳の女子高生が同級生を殺害し、遺体を切断するという猟奇的事件だ。この殺人事件はメディアを通じて大々的に取り上げられ注目を集めた。このなんとも痛ましい殺人事件は防ぐことができなかったのか。殺人事件に至るまでの対応を検証する。

【名古屋大学女子学生殺人事件】裁判での不可解な言動とは

2014年に名古屋大学女子学生が知人を殺害、また同級生にタリウムを飲ませるなど6つの事件に関与したとした裁判での元女子学生の姿にふれていく。裁判の中で語られた、未だ殺害願望を匂わす言動やそのほか理解しがたい不可解な言動とはどのようなものであったのか。

青森県むつ市77歳女性殺人事件

2005年に青森県むつ市で77歳の女性が自宅で殺害されていた。事件が発生してから10年以上も経過しているが、未だ犯人は捕まっていない。この未解決事件には一つの特徴がある。犯人逮捕するために解決しなければいけない、この特徴とはどのようなものなのか?

北海道鹿追町71歲独居老人女性殺人事件

北海道鹿追町で一人暮らしをしていた71歲の古谷ユキエさんが何ものかに殺害されていた。静かな町で起こった殺人事件に地元住民は早期解決を望んだにも関わらず、未だ未解決事件となっている。古谷ユキエさんは体調が思わしくない状態であったにも関わらず独居老人女性を狙ったという許すまじ犯行。犯人は?