日本犯罪史上初の手製毒ガスを使った保険金殺人事件

保険金を狙った殺人事件というのは、歴史は古く何年も前から現在まで横行している。そんな保険金を狙った殺人事件で日本で初めて毒ガスを用いて殺害した事件というのがあった。この殺人事件は巧妙な手口で家族を殺害している。日本初の手製毒ガス殺人事件とはどのようなものだったのか。

カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故

カナダで起こった「カナダ史上最悪の脱線事故」遺体の損傷が激しく、事故から現在まで未だ正確な死者の数がつかめていない。この事故はチョットした一人のミスからカナダ史上最悪の大規模な事故となってしまった。その事故の詳細について紹介。この大事故は防ぐことはできなかったのか。

広島小6行方不明女児監禁事件

女児の誘拐、拉致監禁という事件は後を絶たない。今回紹介する事件もその一つ。広島であった実録事件。犯行からわずか数分のできごとである。犯人と被害者である女児の関係性と、事件はどのようなものだったのか。不運だったのは被害者の女児だけではなく、犯人も不運であったその理由とは。

保険金目当実母殺人事件そのサイドストーリーとは

1971年に愛媛県で姉弟で実の母を殺害し、保険金を騙し取るという痛ましい事件。その事件の詳細と、時同じくして起こった保険金目当実母殺人事件のサイドストーリーについて紹介します。事件現場で一体何が起こったというのか。また判決後残された姉弟はどうなったのか。詳しく紹介します。

鳥取連続不審死事件 上田美由紀の真相

鳥取連続不審死事件について被告となり、現在上告中の上田美由紀の真相について迫る。鳥取連続不審死事件は上田美由紀、一人の女性の周辺で不審な死を遂げる事件が連続して起こった事件。同時期に類似する事件も発生しており、メディアを騒がせた。そんな事件の渦中の人物、上田美由紀はどのような生活をしていたのか。

異例の全員死刑!大牟田4人殺害事件

福岡・大牟田で2004年に発生した強盗殺人死体遺棄事件。被告の4人家族全員が死刑判決となる特異な事例。この事件は死刑囚の次男の生々しい殺人の手記や映画としても取り上げられるほど強烈なインパクトがあった殺人事件、そのワケとは