やり投げ競技での死亡事故

白熱する陸上競技。オリンピックでも陸上競技は花形的競技の一つであるのは言うことはない。しかし、そんな陸上競技でも危険が潜む。実際に、死亡事故も発生している。海外で実際に発生したやり投げ競技中の事故、そしてここ日本でも起こっているやり投げの事故について紹介。

香川県坂出市タケノコ掘り女児行方不明事件

2005年4月の少し暖かくなってきた季節に5歳になる有紀ちゃんは母親の前からこつ然と姿を消した。事件から10年も経過するも未だ発見されない謎が多い事件。いったい今、どこで何をしているのか?何らかの事件に巻き込まれてしまったのか?神隠しのようなこの未解決事件の詳細を紹介。

東大阪集団リンチ殺人事件

2006年6月に東大阪で起こった集団リンチ殺人事件。集団リンチで瀕死の状態の被害者を生き埋めにし殺害するという残虐非道な事件。事件のきっかけは、どこにでもある男女のメールのやりとりであった。そんな些細な事がなぜこんな大きな集団リンチ殺人事件にまで発展したのか。

ピザ配達人首輪爆弾爆死事件

「俺に首輪がついているだろ。この首輪に爆弾がついている!もうすぐ爆発する!」銀行強盗が叫ぶ。首につけた爆弾の存在。なぜ強盗は自分の首に爆弾をつけていたのか?警察も状況をつかめない。緊迫した状況は世界に放映されて衝撃を与えた事件。実録事件の真相はどのようなものだったのか。

違和感だらけの事故現場とL字血痕の謎

高速道路で起きた衝突事故、その事故の衝撃で夫婦で同乗しており、助手席に乗っていた妻が死亡。現場検証みなが事故と判断する中、一人だけ、この事故の違和感に疑念を抱いていた。その疑念は何だったのか。またこの事件のキーワードともなる「L字血痕」全てが謎に満ち溢れた違和感を抱いた警官は何を考えていたのだろうか

ネットが引き起こした少女達の暴力事件の真相

『奇跡体験!アンビリバボー』で取り上げられた「インターネットが引き起こした少女達の暴力事件の真相」。大変興味深いものだったが、この事件と類似した事件が2001年に発生している。これは、さらに興味深いものがあった。総長と呼ばれた少女はどのような人物だったのか。今回はこのネット犯罪の言わば初期の事件について紹介

青酸コーラ無差別殺人事件 連続する謎?

高度経済成長期である1977年に起きた「青酸コーラ無差別殺人事件」。人の多い大通りで起こったにも関わらず犯人は捕まらず、立て続けに繰り返された事件の詳細はどういったものだったのか。「愉快犯」という言葉を生み、模倣的連続事件が発生してしまった事件の発端。繰り返されるべきではない事件を今振り返る。