茨城県水戸市「梅むすめ」行方不明事件 【大畠美智子さん】

茨城県水戸市「梅むすめ」行方不明事件 【概要】

1986年12月26日午後3時頃、茨城県水戸市笠原町に住む会社員

大畠美智子(おおはた みちこ)さん(当時21歳)が行方不明になった。

スポンサーリンク




大畠美智子さんは翌87年2月20日から水戸市の階楽園で開かれる「水戸の梅まつり」でコンパニオンを務める「梅むすめ」を目指して5日前の12月21日に水戸市桜川の県産業会館 で開かれた審査会に出席。

応募者179人のなかから他の9人と一緒に 「梅むすめ」に選ばれていた。

大畠美智子さんは選出を喜び、梅むすめの仕事に専念しようと勤務していたデザイン会社の退社を決意して辞表を提出。

26日 に残務整理で勤務先に立ち寄り給料15万円をもらった。

そして「知人と 会う約束があるので早めに退社させてもらいます」と言って午後3時頃に 退社した。

女性は87年1月に友人と旅行する計画を立てていて、その資金をためるためにコンパニオンのバイトもしていたが、勤務先を退社後の 26日タ方にバイト先にも訪れる予定になっていたが姿を現さず、行方がわからなくなった。

数日後に会社から約15キロ離れた、水戸市北西部に位置する朝房山の麓にある全隈町の道路脇の駐車場で大畠美智子さんと同じA型の血液や毛髪がついた毛布が捨てられているのが見つかった。

これが大畠美智子さんのものか断定はされていない。

警察では大畠美智子さんに失踪する要素がないことから、事件に巻き込まれたもの とみて勤務先やバイト先の関係者などから話を聞くなど捜査していたが手がかりはつかめていない。

スポンサーリンク




茨城県水戸市「梅むすめ」行方不明事件 【大畠美智子さんの特徴】

※画像

大畠美智子さんは身長が157センチ、体重40キロでスマートな体型。

髪の毛は肩下約 20センチあるロングヘアで、行方不明時はピンクのブレザージャケットに白色のスカート、黒いハイヒールを履いていた。