茨城県三和町14歳少女行方不明事件【石嵜容子さん】

1990年12月31日午後5時頃、茨城具三和町(現・古河市) の町立三和北中2年の日石嵜容子さん (当時14歳) が自宅から北に約2キロ離れたガラス工場の近くの交差点で友人と別れてから行方が分からなくなった。

スポンサーリンク




友人と会いに行く前に自宅から出た際には、2階から祖母が「大晦日だから早く帰ってくるんだよ」と声をかけると、「はい」と答えていたという。

家族唯一の最後の会話になってしまった。

最後に別れた友人宅から自宅までの道路の途中で、少女の自転車が発見された。

自転 車は自宅ではなく友人宅のほうを向いて置かれ、前かごには少女の鞭が入っていた。

年が明けた1991年の1月3日タ方、少女から友人宅に「家出した」という電話があった。

その後自宅にも電話があり「新宿に居る。人が大勢いて帰れない」と話したが、それ以降連絡はない。

スポンサーリンク




当時、石嵜容子が行方不明になった地域は1980年初頭から多くの行方不明事件が発生している「大町ルート」の沿線上。

一部で、北朝鮮拉致の可能性が囁かれている。

少女はおかっぱ頭で、身長が160センチ、茶色のコート、スカート、靴を身に着けていた。

所持金はない。