群馬県太田市4歲女児行方不明事件【横山ゆかりちゃん】

1996年7月7日昼、群馬県太田市高林東町のパチンコ店内で、大泉町に住む町立保育園児の横山ゆかりちゃん (4歳) が行方不明になった。

スポンサーリンク



群馬県太田市4歲女児行方不明事件【事件概要】

横山ゆかりちゃんは7日午前10時30分頃、両親と妹(7か月)自宅から 約1キロ離れたパチンコ店に行った。

母親が妹を背負い、父と2人でパチンコを打っていた。

ゆかりちゃんは1人で店内を走って遊んでいた。 午後1時30分頃、母親が長椅子に座らせた。

長椅子は平行に並ぶパチンコ台とは直角に位置して、店の端にある。

パチンコ台に座りながら父親や母親が女児の存在を黙視できる位置にあった。

午後1時35分頃、ゆかりちゃんが母親のところに来て「やさしいおじちゃんがいるよ」と話し、母親は「ついていったらだめだよ」と話した。

午後1時40分にも母親はゆかりちゃんを確認したが、午後1時50分頃、いないことに気付き、店内を捜したが見つからず、午後2時10分頃に警察に届け出た。

ゆかりちゃんのいた椅子の上にはおにぎりとジュースが置かれていた。

群馬県太田市4歲女児行方不明事件【防犯カメラがとらえた不審な男】

店内の防犯ビデオには長椅子に男が近づき、ゆかりちゃんの隣に座り何か話しかける姿が映っている。

男はゆかりちゃんに外を指さして店外に出ようと誘っているように見える。

ベンチからはまずこの男が立って外に向かい、暫くしてゆかりちゃんが後を追うように店外に出てい くような姿が写っていた。

男は身長が158センチと小柄。

帽子をかぶりサングラスをしていた。

野球帽、白っぼい補無しシャツにジャンパーを着ていた。

ジャンパーは背中の襟元から脇にかけて「八」のラインが入っていた。

ズボンは裾の締まったニッカポッカだった。

がに股で、肩をいからせた歩き方に特徴がある。

男はビデオの映像から午後1時30分から15分程度店内にいたと見られ、 常連客でもないという。

ビデオの男や現在の成長した女児の似顔絵などが公開されている。

現場となったパチンコ店は栃木県足利市に近く、足利市内では女児がパ チンコ店から連れ去られて殺害される事件が起きており、日本テレビ記者の清水潔氏はこれらを同一人物の犯行と推理し、週末に足利市や群馬県太田市のパチンコ店で過ごす、アニメの「ルパン三世」に似た容姿の人物が 事件に関わった可能性が高いと著書などで指摘している。

スポンサーリンク



群馬県太田市4歲女児行方不明事件【横山ゆかりちゃん情報】

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする