秋田県秋田市69歳独居女性放火殺人事件 伊藤ミヱさんはなぜ殺された?

2002年12月24日午前0時50分頃、秋田県秋田市太平八田字荒巻に住む無職 伊藤ミヱさん(当時69歳)の家から出火、木造1部2階建て約160平方mを全焼。

スポンサーリンク



秋田県秋田市69歳独居女性放火殺人事件<事件概要>

焼け跡の1階8畳間から仰向けに倒れた女性の焼死体が見つかった。

遺体の見つかった8畳間の仏間付近の周辺が激しく燃えていることから、出火場所と見られた。

当初は火事であると思われたが、遺体の損傷は激しかったが、首の一部に荷造り用のロープが10数センチほど焼き付いて付着しているのが発見された。

司法解剖の結果、死因は窒息死。

食後2時間で死亡しており、殺されてから焼かれていることもわかったため、 放火殺人事件と断定。

室内を物色された跡はなく、現金数100万円と1000万円以上入った預金通帳が見つかった。

預貯金も引き出されていなかった。

表玄関は施錠されていたが裏口は不明。

外部から侵入の形跡はない。

室内の布団はたたんだ状態だった。

伊藤ミヱさんに子供はおらず、6年前に夫を亡くした以降は一人暮らしをしていた。

23日は午前中に夫の7回忌法要を終え、午後2時に自宅近くのお寺前に来た移動販売車に買い物に訪れた。

野菜などを買いながら井戸端会議に参加したが変わった様子はなかった。

通行人が23日午後10時半頃、女性の室内の電球が付いているのを見かけた。

スポンサーリンク



秋田県秋田市69歳独居女性放火殺人事件<伊藤ミヱさんはなぜ殺された?>

伊藤ミヱさんは明るくまじめな性格で近所付き合いもよかった。

近隣の住民たちからも、伊藤ミヱさんの行動的な一面を目にしている。

60歳頃に免許を取得。

無職であったが、造園会社の忙しくなる時期だけ、短期で仕事をしていたおり、事件が発生するおよそ1週間前になる12月16日まで毎朝、軽トラックを運転して造園の仕事に出かけていた。

近隣の住民からは恨みをかうような人ではなかったという話しがあるものの、大金があったにも関わらず物色をされていないことからも、警察では顔見知りによる怒恨の可能性で捜査している。

コメントの入力は終了しました。