熊本市東区下南部連続通り魔殺傷事件!犯人の動機や顔画像

スポンサーリンク



熊本市東区下南部連続通り魔殺傷事件

2018年5月28日(月)午後4時40分頃。

65歳の男性から「包丁で切りつけられた」と110番通報。

刃渡り15cmの30代刃物を持った犯人はその場から移動。

さらにその5分後に約500メートル離れた市消防局東消防署託麻出張所から

「玄関前に刃物を持った男がいる」と110番通報。

熊本市東区新南部しんなべ5の駐車場で犯人の男が刃物で男性の顔を切りつけた。

取り押さえようとした熊本県警熊本東署地域課の男性巡査長(40)に犯人は馬乗りになって襲いかかかり顔を3か所を切りつけた。

巡査長はその後、拳銃を5発発砲し。

3発が右腕上部、1発は犯人の胴体に命中。

犯人は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された後、搬送先の病院で死亡。

犯人は職業不詳、熊本県熊本市東区

本郷謙二容疑者(36歳)

65歳男性は命に別状はないが、40歳巡査長は重傷。


スポンサーリンク



熊本市東区下南部連続通り魔殺傷事件!犯人の動機や顔画像

犯人は最初に切りつけた65歳男性と同じアパートに住む職業不詳、熊本県熊本市東区

本郷謙二容疑者(36歳)

本郷謙二容疑者は精神科に通院歴があった。

動機については今のところ同じアパートに住む65歳男性とトラブルになったのが、きっかけのようだが、詳細については不明。

本郷謙二容疑者がの顔画像やどのような人物であったのかはわかり次第更新する

コメントの入力は終了しました。