柴又上智大生放火殺人事件の犯人

柴又上智大生放火殺人事件は1996年に起きた上智大学学生が東京都葛飾区柴又で殺害された事件。

当時、上智大学に通っていた小林順子さん(21歳)が何者かに殺害された。

この事件は未解決事件。

懸賞金が設定されている。

警察等、聞き込み捜査や目撃情報など様々な観点から犯人を追っているが、残念ながら、犯人は未だ捕まっていない。

柴又上智大生放火殺人事件 詳細

1996年9月9日午後4時39分頃、東京都葛飾区柴又3丁目の住民から「隣家が火事」という通報があった。

燃えていたのはモルタル2階建ての会社員・小林賢二さん(当時50歳)宅で、火災は午後6時頃に消しとめられたが、小林さん宅は全焼、両隣の家の壁も焼いた。

消防隊の屋内に入ると、2階の6畳間で次女である上智大学生・小林順子さん(21歳)が遺体となって発見された。

順子さんはシャツと短パンという姿で、横向きに寝かされており、遺体の上半身には布団がかけられ、縁は体の下にはさみこまれていた(巻かれた状態)。

顔や右首など計6ヶ所に刺し傷と、口と両手を粘着テープが巻かれ、足はストッキングで縛られていたが、暴行されてはいなかった。

現場に残された遺留品

真犯人が凶器としたであろう刃物は見つかっていない。

しかし小林順子さんの足を縛っていた粘着テープは、当初、順子さんが留学の荷造りのために使っていたものと思われたが、すでにアメリカへ送っていた荷物を調べた所、別の種類のものであることがわかった。

これは貴重な遺留品と思われたが、ありふれた品であった為、購入ルートなどを探ることはできなかった。

遺体の司法解剖の結果、死因は首を刺されたことからの失血死。

気管や肺からすすなどが検出されなかった為、殺害された後に証拠隠滅のために火をつけられたものと判明。

仏壇のマッチで1階東側の6畳和室の押入れに放火されており、なぜか1階のパソコンにも火がつけられていた。

父親が普段使用しているスリッパが2階に揃えて残されていた。

父親の賢二さんは普段1階でしか履かないものであり、犯人がそこまで履いていった可能性がある。

玄関付近にはマッチ箱が残されていて、箱の内側には家族のものではない血痕が残されていた。

犯人は順子さんの抵抗にあい、負傷したものと見られる。

血液型はA型と判明している。

事件当日の様子

事件当日、父の小林賢二さんは福島に出張中、長女も中央区内の病院に勤務中だった。

火災発生から50分ほど前の午後3時50分頃、母親(当時50歳)が病院のパートに出るのに順子さんと会話を交わしている。

順子さんは「雨が降っているけど、自転車で行くの?」と聞いた。

これが親子最後の会話になった。

母親は家に娘がいるので、鍵はかけなかった。

その後、近隣住民からの火災通報から、わずか50分ほどで順子さんは殺害され、火をつけられたことになる。

火災発生から25分前の4時15分頃に小林家の前を通った通行人の情報があり、この時は出火の気配や争うような音は聞こえなかったという。

事件の足取りを追う情報

■足などを巻いていた ロープの結び方が 「からげ結び」であった。

(からげ結びとは、和服の着付けや造園、足場組み立ての際に使われる特殊な結び方)

■犯人の使ったガムテープに 犬の毛がついていた。

順子さんは犬を飼っていない。

犯人が飼っている犬ではないかと思われる。

真犯人 目撃情報

■午後4時半頃、 白い手袋をした 20~30代の男が 小林さん宅から 柴又駅に向かって、傘もささずに びしょ濡れで 走り去った。

雨とは言え、8月の蒸し暑い日に手袋をするのは不審。

■午後4時頃、 中年男が黒い傘をさして、 ショルダーバッグを持って 近くに立っていた。

この特徴の男は、朝に隣駅の京成高砂駅近くで、「柴又3丁目」への行き方を主婦に尋ねていた。

■50~60代の男が 小林さん宅の前に 立っていた。

■事件数日前、 20代後半の男が、 ライターを持って 現場付近を うろついていた。

男は大声で叫んだり、軍歌を歌って、自転車で去っていった。

■事件3日前正午過ぎ、 40歳ぐらいの男が、 小林家近所の何軒かに 入ろうとして、 家人に追い帰された。

男は門前でライターをカチャカチャいじっていた。

スポンサーリンク



ネット上での事件の見解

ネット上では、すでに具体的な犯人のめぼしがついているような議論がされている。

それは、小林順子さんと同じ、上智大学外国語学部英語学科のある学生だったというのだ。

小林さんは英語学科の中で「ヘルパー」という役職をやっていた。

英語学科の中で、学年問わずいろんな人に面識があったようで、その中で、犯人だと思う人間とも面識があったというのだ。

多数の書き込みも警察では把握をしているようで、いくつかの意見が有力視されており、「上智大学の内部者」というのが有力説のようだ。

小林順子さんの家族構成と経歴は

小林さんの家族は順子さんの両親、長女、順さんの4人暮らし。

父親の賢二さんはサラリーマン。

母親は病院にパートとして勤務。

長女については詳しい情報はつかめなかったが、近所では「美人姉妹」と評判で小林順子さんについても、近所では「美人姉妹の妹さん」と言われていた。

小林順子さんの経歴は、上智大学の外国語学部英語学科。ただでさえ、私立大の中では偏差値トップクラスの上智だが、そのなかでも、英語学科は最高峰の偏差値を誇る学部。

順子さんは留学を予定していた。

事件がおきたのは、その留学出発の二日前だった。

留学の2日前犯行というのも、計画性が伺える。

以上の事からも上智大学の内部者である説は信憑性高い。

スポンサーリンク




<連絡先>

「柴又三丁目女子大生殺人・放火事件」

別捜査本部TEL.03-3607-9051/FAX.03-3607-9056

亀有警察署TEL 03-3607-0110

※出典

遺族の方の心中察するに辛く、未だ暗い影を落としている事件。

1日も早い事件解決を望む。

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする