東海道新幹線無差別殺傷事件 犯人の動機や顔画像など


スポンサーリンク



東海道新幹線無差別殺傷事件<事件詳細>

東海道新幹線の車内で人が刺され、複数人の人がケガがをした。

2018年6月9日21時45分頃、新横浜駅と小田原駅の間を走行中の東海道新幹線のぞみ265号の車内でなたを持った男がいきなり暴れだし、次々と乗客を襲ったという。

いわゆる無差別殺人事件であり、テロの可能性もあるとして車内はパニック状態になった。

「なたで馬乗りにして刺した」という目撃情報もある。

犯人は隣りに座っていた女性に襲いかかりその後、別の女性にもなたで襲いかかった。

その光景を間近で見ていた兵庫県尼崎市の梅田耕太郎さん(38)が「やめろ!」と犯人を制止しようとするも、犯人が襲撃を邪魔され逆上。

その後、梅田耕太郎さんに馬乗りになりなたで何度も刺したという。

梅田耕太郎さんは病院へ即搬送されたが9日午後23時54分ごろ、この死亡が確認された

その後、犯人と思われる刃物男の身柄は確保された。逮捕となったのは愛知県岡山市 無職の小島一朗容疑者(22歳)

この東海道新幹線無差別殺傷事件の影響で、東海道新幹線は東京駅~静岡駅間の上下線の一部列車で運転を見合わせた。

スポンサーリンク



東海道新幹線無差別殺傷事件 犯人の動機や顔画像など

東海道新幹線無差別殺傷事件の犯人小島一朗容疑者(22歳)について、

小島一朗容疑者の祖母が近況について語っている。

小島一朗容疑者は愛知県岡崎市内の病院の精神科に一時入院。

精神状態が不安定で「自由に生きたい。それが許されないなら死にたい」と言っていたという。

そして今年1月に「旅に出る」と言って自宅を出てそれきり帰って来なかったという。

犯人小島一朗容疑者の動機について、「殺意を持って人を殺した事は間違いない。むしゃくしゃしていた、誰でもよかった」と語っている。

顔画像については犯人小島一朗容疑者が逮捕される連行される瞬間の映像がTwitterで公開されている。

それ以外の犯人小島一朗容疑者の顔画像

スポンサーリンク



東海道新幹線無差別殺傷事件<ネットの反応>


幾度となく、繰り返される新幹線という逃げ場のない場所での無差別な犯行。

犯人は斧のようなものを持っていたというが、過去の教訓を生かし、これを防ぐことはできなかったのだろうか。
犯人の詳細がわかり次第、更新する。

コメントの入力は終了しました。