新潟万代シテイバスセンタービル無差別通り魔事件

新潟万代シテイバスセンタービル無差別通り魔事件

2018年に入り無差別な通り魔事件が続いている。

2018年5月26日午後6時5分頃、新潟県新潟市中央区万代にある、万代シテイバスセンタービル2階の公衆トイレで 新潟市西区の20歳代男性が、面識のない60歳代ぐらいの男に「相談に乗ってもらえますか?」と後ろから声をかけられた後、刃物で襲われた。

その後その公衆トイレでふたりはもみ合いとなり、20歳代男性は額と右手に軽傷を負った 。

現場を目撃した人が110番通報。

犯人のの60歳代男性は包丁を捨て、近くの階段を使って逃げ逃走。

警察は傷害事件として犯人の行方を追っているが未だ犯人は逮捕されていない。

トイレを出た所にあるサンマルクという店の前に、包丁が落ちていた。

近隣住民の方は気をつけて外出してほしい。

スポンサーリンク



新潟万代シテイバスセンタービル無差別通り魔事件<犯人の特徴>

新潟万代シテイバスセンタービル無差別通り魔事件、20歳代を襲った犯人の特徴は以下。

  • 男性
  • 60歳代
  • 白髪
  • 紺色の作業着のような服装

人通りの多い場所だったこともあり、逃走する犯人の目撃証言もあったようだ。

スポンサーリンク



新潟万代シテイバスセンタービル無差別通り魔事件<事件現場>

犯行があった事件現場は、新潟市中央区万代にある新潟万代シテイバスセンタービル地元では【万代シティ】と呼ばれている。

住所:新潟県新潟市中央区八千代2丁目1−2


スポンサーリンク



新潟万代シテイバスセンタービル通り魔事件<ネットの反応>

※犯人逮捕

事件発生の翌日の2018年5月27日の午前、現場付近で不審な男に職務質問したところ男は事件の犯行を認めた。

犯人は住所不定、無職の自称・小平豊弘容疑者(54歳)

小平豊弘容疑者は強盗致傷&銃刀法違反で逮捕。

20代男性を負傷させ逃走中だった小平豊弘容疑者だったが、

現場に残されていた刃渡り約16cmのナイフと小平豊弘容疑者の指紋が一致したことで逮捕となった。

コメントの入力は終了しました。