廿日市女子高生殺害事件の犯人

廿日市女子高生殺害事件 詳細

<白昼の殺傷事件>

17歳の少女の裏の顔と多すぎた痕跡2004年10月5日午後3時頃、広島県廿日市市上平良に住む女子高生が何者かに刺殺された。

殺されたのは、会社員・北口忠さんの長女・聡美さん(当時17歳)。

その日は午前中に学校の試験があったため、午後2時頃に帰宅し、家にいた妹と祖母・ミチヨさん(当時72歳)に「4時に起こして」と言い残して、離れの2階にある自室で休んでいた。

そして、帰宅から1時間ほど経った頃、聡美さんの部屋から悲鳴が聞こえたため、妹とミチヨさんが慌てて駆けつけると、離れの階段下で血を流して倒れている聡美さんのそばに見知らぬ若い男が立っていた。

2人を見るや否や、男がいきなり襲いかかってきたので、妹は逃げ、近所の園芸店に裸足で駆け込んで「若い知らない人にお姉ちゃんが刺された!」と助けを求めた。

一方、男に捕まったミチヨさんは胸など数カ所を刺されたものの、重傷の身体を引きずりながら母屋まで戻って警察に通報。

数分後に警察が駆けつけたが、男の姿はなく、変わり果てた聡美さんと意識不明の状態に陥ったミチヨさんだけが現場の悲惨さを物語っていた。

司法解剖の結果、手や背中に傷がなかったことから、抵抗すらできないまま執拗に刺し殺されたものと見られ、怨恨による犯行で捜査は進められた。

廿日市女子高生殺害事件 事件捜査

「若いニキビの男…」妹とミチヨさんの目撃証言から精密なモンタージュ写真も公開され、犯人逮捕は時間の問題とされていた。

しかし、過去の交際相手や知人男性の中に、妹とミチヨさんの記憶に残る男の顔は見つからなかった。

その後も有力な手がかりも得られず、事件発生から10年が経過するも、いまだ事件は未解決である。特徴のある顔…これが事件をひも解くカギとなるのか。

スポンサーリンク




被害者の遺品は、警察が証拠品として一時的に預かっていた。

後にそのほとんどが返却されているが、携帯電話だけ返却されていない。携帯電話には、被害者と何らかの関係があると思われる男性2人組の名前が登録されている。

しかし、被害者の行動範囲は塾・学校・自宅周辺と非常に狭いものであり、友人や家族でさえも心当たりのない人物である。

この人物は「○くん」と言う敬称から、同世代の男性であると思われているが、身元は分かっていない。

廿日市女子高生殺害事件 犯人情報

奇しくも、聡美さんは翌週より高校生活の思い出を友人たちと作る修学旅行を控えた中での事件であった。

もう一人の事件の被害者である祖母のミチヨさんも体の回復はしても心の傷は現在も癒えていない。

スポンサーリンク



■犯人情報

  • 身長:165cmくらい
  • 体格:がっちり型
  • 特徴:目が細い、頬にニキビ様の跡
  • 髪型:当時は髪を立たせており、若干茶髪
  • 靴:DUNLOP製運動靴(約26~27センチ)

※アッパーはこれ以外の種類有被害者家族が聡美さんに良い報告ができる事を、願ってやまない。

※出典

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする