岩手県一関市59歳男性強盗殺人事件の犯人

2006年7月14日午前11時10分頃、岩手県一関市滝沢に住む無職 及川正雄さん(当時59歳) が自宅2階の自室のベッドの上で首にコードを巻き付けられたまま、仰向けに死んでいるのを母親(87歳)が発見した。

スポンサーリンク



岩手県一関市59歳男性殺人事件<遺体発見時と死因>

及川正雄さんは前日に外出していたが、発見時は部屋着姿だった。

また室内の引き出しが開けられるなど物色された形跡があった。

司法解剖の結果、両腕や肘に打撲と見られる皮下出血が複数あったものの死因は首を絞められたことによる窒息死だった。

死亡推定時刻は13日夜から14日午前と見られている。

岩手県一関市59歳男性殺人事件<犯人はどこから侵入した?>

及川正雄さんは父親(90歳)と母親の3人暮らし。

事件当時、同居する両親は1階にいたが、2人とも物音などには気付かなかった。

1階の玄関は常に施錠していたという。

また及川正雄さんの自宅は警備会社の警備システムに加入していたが、13日夜から14日朝にかけて異常警報はなかった。

男性は事件前日の13日夕方に外出し、一関市内の居酒屋で酒を飲み、午後10時30分頃にタクシーで帰宅したことが分かっている。

遺体発見時、自宅の玄関脇には及川さん宅の脚立が置かれていた。

2階の男性の自室に続く1階屋根に犯人とみられる足跡があり、犯人は脚立を使って屋根伝いに2階の窓から及川正雄の部屋に直接侵入した可能性が高いとみられている。

スポンサーリンク



岩手県一関市59歳男性殺人事件<犯人が残した手がかり>

犯人が及川正雄さんが寝起きしていた部屋を知っていた可能性があるとみて、交友関係も調べられている。

近所の住民が14日午前5時頃、及川さん宅方の玄関先にこの脚立が置いてあるのを目撃している。

警察は室内から採取された足跡から犯人の靴を特定した。

この靴は国内メーカーの「ファントム」という商品名のスニーカーで一関市内を含む量販店で流通している。

靴の先端に鋼の芯が入って硬くなっているのが特徴。

このスニーカーの他に及川さん宅から盗まれた金庫や財布などの情報を岩手県一関警察では情報を公開し、未解決事件となっているこの事件の行方を追っている。

※出典

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。