山形県米浪市18歳少年行方不明事件【塚田貴丸さん】

1996年8月6日午前11時頃、山形具米浪市口田派の心身障害者作業所に通っていた塚田貴丸さん(失踪当時18歳)の行方がわからなくなった。

スポンサーリンク



山形県米浪市18歳少年行方不明事件【失踪経緯】

少年はこの施設が所有する米沢市入田沢の国道121号線沿いの畑で指導員らと草刈り作業をしていたが、指導員が目を離した30分ほどの間に姿を消した。

国道は福島県喜多方市に通じており、指導員たちは国道沿いを35キロに渡って捜索したが発見できなかった。

山形県米浪市18歳少年行方不明事件【塚田貴丸さんの特徴】

行方不明当時の少年は身長が173センチ、やせ形で、色黒。

右の前歯が1 本欠けており、知的障害もあって会話がうまくできなかった。

一見すると 普通の子に見えるが単語は話せても会話は成立しないという。

家はどこかと聞かれて1度旅行したことのある「北海道」と答えることもあったという。

腰を引くように内股で歩くのが特徴で、自転車には乗れるという。

当時の服装はジーンズに野球帽で名前の名字が片仮名書きされていた。

からし色の長補ボロシャツに、黒いトレパン、黒長靴、持物はなかった。

スポンサーリンク



山形県米浪市18歳少年行方不明事件【塚田貴丸さんの特徴】

失踪した地元では「塚田貴丸さん探す会」も結成され、インターネットHPやテレビなども使って執念で捜索を続けたが、有力な情報は得られなかった。

秋田県大潟村で目撃したという情報も寄せられたがまだ行方が分かっていない。

コメントの入力は終了しました。