宮城県矢本町33歲主婦放火殺人事件の犯人は?

1983年2月22日午後1時50分頃、宮城県矢本町(現·東松島市) 赤井の民家から出火し、木造一部2階建て住宅のうち2階部分を半焼した。

2階寝室から矢本町下裏に住む主婦 西潟静枝さん(当時33歳)の焼死体が見つかった。

スポンサーリンク



宮城県矢本町33歲主婦放火殺人事件<事件発生時の状況>

司法解剖の結果、死因は左右腎動脈破裂による腹膜下出血で、このほか左右の肪骨10数本が骨折していた。

遺体から火災時に発生する一酸化炭素の吸引がほとんどないことから、殺害されたあとに放火されたものとみられる。

西潟静枝さんは妹の嫁ぎ先に留守を頼まれ、長男 (4歳)と妹の長男 (6歳) の3人で留守番をしていた。

子どもたちは無事であった為、証言を得ることができた。

スポンサーリンク



宮城県矢本町33歲主婦放火殺人事件<現場にいた子供たちの証言>

子供たちの証言では、石巻市内にある書籍販売員の男 (30歳) が出火直前まで家の中にいたことがわかった。

警察は1986年2月に、この男を殺人と放火の疑いで逮捕。

男も子どもたちと西潟静枝さんがいた家を訪問したことは認めた。

しかし殺害や放火についての犯行については全面的に否認。

またこの男に物証も無いことから処分保留で釈放。

検察も不起訴処分とした。

しかし、現場には間違いなく殺害された西潟静枝さんと子供たち二人がいたのは確かだ。

子どもたちは他に何も見ていないのだろうか。

書籍販売員の男はいったい放火直前まで居合わせて異変に気がつかなかったのだろうか。

この事件は未解決のまま1998年2月に時効が成立した。

コメントの入力は終了しました。