宮城県仙台市モーテル従業員殺人事件 見えない犯人像

1985年3月25日午前6時45分頃、宮城具仙台市中田町(現·太 白区)のモーテルの客室で、そこで働く従業員女性 佐々木ヤチヨさん(52歳)が死んでいるのをモー テルの親会社のスタッフが発見した。

スポンサーリンク



宮城県仙台市モーテル従業員殺人事件<事件概要>

佐々木ヤチヨさんは部屋の備え付けの灰皿で頭をメッタ打ちにされた上、同じく備え付けの丹前の紐で首を三重に巻かれていた。

佐々木ヤチヨさんの遺体には布団が掛けられており、着衣に乱れはなく、争ったような跡もなかった。

司法解剖の結果、死因は窒息死だった。

部屋の状態は灯油がまかれていたものの、火は付けられていなかったことから殺害後に放火を考えるも実行に移さなかったことが考えられる。

宮城県仙台市モーテル従業員殺人事件<少ない手がかり>

この事件は証拠も少なくモーテルという盲点を狙った犯行とも言える。

殺害事件があったモーテルは車で駐車場に乗り付け、そこから伸びる階段を登り、真上にある客室部屋に入る仕組みとなっており、フロントを通さずに客室に入れるようになっている。

客が客室に入るとフロントのブザーが鳴る。

チェックアウトの際、従業員は部屋の鉄製扉の小窓を通じ従業員と宿帳や料金の受け渡しを行う仕組みになっていた。

モーテルであるが故、目撃情報もない

佐々木ヤチヨさんは24日午後4時からパート仲間2人と勤務していたが、25日午前1時より1人で勤務していた。

佐々木ヤチヨさんが殺されたのはこのあと午前2時から午前4 時までの間と見られている。

スポンサーリンク



宮城県仙台市モーテル従業員殺人事件<わからない犯人の動機>

事務所にあったタバコの売上金およそ5000円が盗まれていたが、現金や通帳が入った佐々木ヤチヨさんのカバンは荒らされていなかった。

ほかに物色された痕跡はなかった。

唯一犯人の手がかりとなるものは現場に犯人のものと見られるセブンスターの吸い殻1本が残されており、血液型はO型とわかったことだ。

佐々木ヤチヨさんは病気で入退院を繰り返していた夫の為、昼夜問わず働き家計を支えるマジメな女性であったという。

もし金銭目当てで殺害したのであれば、佐々木ヤチヨさんのカバンに入っていた通帳や現金を盗まないのは不自然。

しかしマジメに働く佐々木ヤチヨさんへの怒恨の線も考えにくいと一緒に働いていたスタッフは言う。

結局、犯人の動機すらもわからず、2000年3月に時効成立。

未解決事件となっている。