國松長官狙撃事件の真実と『中村』とは

國松長官狙撃事件とは1995年に起きた当時、警察庁長官いわゆる警察のトップである国松浩一氏が突然何物かに狙撃され重傷を負った事件。

警察のメンツにかけても犯人を逮捕しなければと、特別捜査本部を設置して犯人逮捕に全力を尽くすも2010年3月30日、公訴時効である15年を迎え未解決事件となってしまった。

國松孝次警察庁長官が狙われた日時は1995年3月30日午前8時31分頃。

事件の現場は東京都荒川区南千住6丁目37番11、アクロシティEポート通用口

アクロシティEポートは高級分譲マンション。

國松孝次警察庁長官が出勤する際に待ち伏せしていた男に狙われた計画的犯行。

この場所で日本の警察庁長官國松孝次氏は狙撃された。

その時、目撃者が16名おり、まさに白昼堂々の事件だ。

しかし事件はまだ終わっていなかった。

國松孝次氏が狙撃されてから、およそ1時間後にテレビ朝日に犯人らしき男から電話がかかってきたのだ。

内容は次のターゲットの犯行予告。

名前が挙がったのは井上幸彦警視総監や大森義夫内閣情報調査室長ら。

さらに犯人と思われる男の要求は、オウム真理教教団への捜査を止めよ、というものだった。

スポンサーリンク




ちょうどこの狙撃事件の10日前の1995年3月20日にオウム真理教によるあの地下鉄サリン事件が発生している。

事件発生直後はオウム真理教に疑惑の目が向けられて地下鉄サリン事件が発生から2日後にはオウム真理教に対しての一斉強制捜査が行われていたところであった。

國松孝次氏は、手術中に3度も心臓が止まり危篤状態となった。

犯人の銃弾は4発放たれ、そのうち三発は國松孝次氏の腹部に命中。

瀕死の重傷にまで陥ったが、一命は取り止めた。

全治1年6ヵ月であったが事件から2ヵ月半後には公務へ復帰している。

警視庁公安部は独自捜査を行うも、犯人をオウム真理教の関係者と決めつけていた。

國松長官狙撃事件<犯人>

警察は、狙撃事件発生の2ヶ月前、オウム真理教の教祖 麻原彰晃が警視庁長官に対し犯行をほのめかすような言葉を述べていたことをつかんでいた。

当時の警察公安部の資料にはオウム真理教の上祐史浩に取り調べを行ったところ「オウム真理教の犯行で間違いない」と言う証言を取った記録が残されている。

テレビ朝日に届いた次の犯行予告とオウム真理教への捜査中止指示、麻原彰晃の言葉、上祐史浩の証言、オウム真理教の犯行説である裏付けが少しずつ増えていく。

そして事件発生から7ヶ月。

マスコミ各社に怪文書が送られた。

内容は「犯人は警視庁警察官」

その内容には警視庁巡査長の名前が書かれていた。

なんと、この警視庁巡査長(当時31歳)は地下鉄サリン事件の現場担当もしていた。

さらに巡査長はオウム真理教の信者であるという内部告発であった。

公安部はこの巡査長をマーク。

巡査長は後にオウム真理教の信者であることを認め犯行を自白した。

しかしその後、狙撃した銃については捨てたと供述。

その捨てた銃は発見できず、また巡査長の供述に矛盾点が多いことから不起訴となった。

巡査長は、1996年11月にオウム真理教に情報を漏洩したとして懲戒免職となっている。

國松長官狙撃事件<真犯人>

公安部の操作は振り出しに戻るも未だオウム真理教を中心に操作を継続していた。

その頃、警視庁捜査一課が別の犯人を捜査線上に浮上させていた。

名は中村泰

中村泰は、1930年に東京で生まれたが父の仕事の都合で中国で幼少期を過ごした。

勉強もさほどしていないのにも関わらず、勉強ができ頭の回転も速く周囲からは「天才」「秀才」と呼ばれその後東京大学に入学している。

大学の在学中に左翼の思想に感化され中村泰の行動は過激にエスカレートしていく。

中村泰は銀行強盗で警官を射殺。

無期懲役の判決を受ける。

1976年に仮出所。

2002年に2度目の銀行強盗行い、銃で銀行員に怪我をさせ再び、無期懲役の判決を受け服役中であった。

警察庁捜査一課は中村泰が服役する前の仮出所時に事件に関与していたものとして捜査。

警察庁捜査一課の取り調べで中村泰は國松孝次氏を狙撃したと語り始めた。

中村泰は警視庁長官を狙撃した後、盗んだ自転車で逃走。

その後、乗り捨て、電車を使い新宿に。

午前9時26分、新宿の貸金庫に犯行に使った銃を預ける。

中村泰が証言した銃は「コルトバイソン」というアメリカ コルト社製38口径回転式拳銃。

この拳銃と銃弾の入手ルートについて中村泰はカリフォルニアのガンショップから購入した。

これが中村泰の供述だ。

警察庁捜査一課が供述の裏を取ると

自転車を乗り捨てた現場には確かに、不審な自転車が置かれ中村の言う貸金庫には中村泰が使用した記録が残っていた。

さらに、中村泰のアジトで別の拳銃や銃弾が発見されている。

そのアジトには中村泰の日記があり「最高指揮官を狙撃した」と犯行を実行した旨が書かれていた。

供述の貸金庫は「テルオコバヤシ」という偽名で使用。

ガンショップにも出入りしており、そのガンショップでは日本で入手困難なコルトバイソンの販売も行われていた。

しかし、銃が見つからない。

貸金庫の中の物は、 中村泰の親族と名乗るものが貸金庫あてに「2003年にテルオコバヤシは死んだので中の物は処分してほしい」 依頼があり処分されていた。

結局、その後も銃の行方を探すも発見することはできなかった。

國松長官狙撃事件<中村泰の矛盾する供述>

16人という多数の目撃者情報は以下の人物像だった

身長170~180cmぐらいで30~40歳の黒ずくめの男。

中村泰の身長161cmで当時の年齢が64歳。

中村泰とするには無理がある。

もともと過激派であった中村泰は國松孝次長官狙撃事件にとても興味を持ち、事件を詳しく調べていたという情報もつかんだ。

つまり、中村の供述はねつ造されたものではないのか?ということだ。

その理由として中村泰の供述に矛盾点があった。

狙撃された銃弾について。

1発と2発目は國松長官の背中に命中する供述は相違ない。

しかし3発目が問題だ。

中村泰は長官がうつぶせに倒れたところを太もも部分に狙撃したと供述しているが、実際は秘書が倒れた國松長官を仰向けに起こしていた。

4発目は、銃声を聞いて駆け付けた警察に向け、威嚇発砲したと中村泰は供述しているが、実際には警察は駆け寄っておらず秘書しかいなかった。

「自白の信用性に疑義があり、犯人と認めるに足りる証拠がない」

この理由から國松長官狙撃事件の関与を認めていた中村泰を不起訴とした。

結局、警察のメンツをかけた警視庁トップの狙撃事件は20年を過ぎた今も犯人は捕まっておらず未解決事件とり真実は闇の中となってしまった。

犯人は今どこで何をしているのか。

スポンサーリンク



國松長官狙撃事件<圀松長官の今>

狙撃事件に巻き込まれた国松長官は今、何をしているのか。

今現在、国松長官は警察庁長官から転身しドクターヘリの普及活動に取り組んでいる。

狙撃事件で国松長官の執刀医を担当した辺見医師と益子医師が手術した。

それが縁となりドクターヘリ普及活動に取り組まないかと両医師から誘いを受け受託。

2003年7月に理事長就任。

現在も精力的に普及活動に取り組んでいる。