史上最悪と言われた橋下北中学水難事故「白い手に引きずり込まれた」死者36人は何をみた?

戦後未だ例を見ることのない死者36人、国内史上最悪の水難事故と言われる「橋北中学水難事故」。

その事故の詳細や生存者の「白い手に引きずり込まれた」の訴え。死者36人は何をみた?

スポンサーリンク



国内史上最悪の水難事故「橋北中学水難事故」<詳細>

1955年7月28日三重県津市の中河原海岸。

その日は国内史上最悪の水難事故というには想像もつかないほど、風もなく快晴。

海も気持ちが良いほど穏やかだった。

当時の学校には常設されたプールがないのは当たり前で水泳の授業が海で行われることは一般的だった。

橋北中学校の水泳授業もその一つ。

橋北中学校は7月18日から、中河原海岸で水泳実習を行っており水難事故があった28日は水泳能力テスト実施日だった。

参加した女子生徒は約200名

1955年7月28日午前10時頃、中河原海岸に到着した教師たち数人と生徒たちは、

準備運動の後、テスト開始の前に10分程度のならしとして入水しその後、一旦海から上がり、水泳能力テストに合わせ入水。

生徒たちが浜辺から50Mほど離れた地点に差し掛かった時、なんと突然の大波が生徒達を襲ったのだ。

それまで穏やかだった海が一瞬にして姿を変え生徒たちを次々と海に引きずり込んだのであった。

慌てて助けに入った教師たちや3年生の水泳部員も次々に溺れ、流された。

この時、死者36名生存者9名という誰もが予期せぬ大惨事が起こってしまった。

事故はおよそ50メートルの地点で起こった。

だだ中河原海岸は遠浅で子供でも十分に足が着くはずなのである。

さらにこの日は天候も良く大波など起こるはずなどなかった。

一体海に何が起こったのであろうか。

地元の住民はその時「澪(みお)にい違いない」と語られた。

澪(みお)は淀川遠浅の海岸に大きな川が流れ込むことによってできる、すり鉢型のくぼみのことで、そこには時として川の流れと潮の流れがぶつかることによって大波と呼ばれる津波が発生する。

このとき澪の周りには大人でも足をすくわれ逃れられないほどの渦潮が起きているのである。


出典:Wikipedia(水難事故の現場となった中河原海岸)

事故付近に流れこむ安濃川。生徒たちはこの川の流れと潮の流れがぶつかってできた海の落とし穴、澪(みお)に飲み込まれてしまったのだと考えられた。

スポンサーリンク



国内史上最悪の水難事故「橋北中学水難事故」<複数の仮説>

実際に過去生存者の証言をもとに建てられて複数の仮説が立てられた。

  1. 沿岸流説
    直前に通過した台風の影響で異常な潮の流れが発生した

  2. 副振動説
    河口付近の淡水が上へ、海水が下へと層をつくる現象が異常流の原因となった

  3. 噴流説
    現場沖を流れる潮の流れどおしがぶつかり、異常流が発生した

  4. 蹴波説
    現場沖を小型船で通行した証人の「2m以上ある波があり転覆しそうになった」という証言。

スポンサーリンク



橋下北中学水難事故「白い手に引きずり込まれた」死者36人は何をみた?

そして最後の仮説⑤に亡霊説というのがある

この件についてこの橋下北中学水難事故の生存者である梅川弘子さんという女性が度々テレビなどを通じ、この亡霊説を訴えている。

梅川弘子さんが言うには、友人と弘子さんは二人で泳いでいた。

二人は他の生徒たちより少し離れた場所にいたので澪の大波からは逃れられた。

すると、水面をひたひたとゆすりながら黒い塊のようなものが二人のほうへ迫ってきた。

よく見ると髪を乱した人や、防空頭巾をかぶった人何十人という集団亡霊だった。

その中にいた防空頭巾をかぶった白い顔をした少女の顔を弘子さんは見たという。

急いで逃げようとする弘子さんに何かが足に絡みつく。

白い手だ。

白い手は弘子さんの足を引っ張り必要に水中へと引きずり込もうとする。

スポンサーリンク



いつのまにか気を失った弘子さんは気づいた時には病院のベッドの上だった。

弘子さんは、この事故以来奇妙なことを口走るようになった。
「私見たんです。本当に見たんです。」
亡霊が来るのを見たと必死に訴える裕子さん周囲の者は誰も耳を貸そうとはしなかった。

驚くことに防空頭巾にモンペ姿という亡霊を当時、裕弘子さんと一緒に泳いでいたという友人の他に複数の目撃者がいたという。

中河原海岸に何があったのか?

昭和26年事故から四年前の7月にもこの中河原海岸で水難事故は起きていた。

犠牲となったのは小学生の男の子。

防空頭巾の亡霊と関連性はないと思われたが、なんとその水難事故の起こった日付があの橋下北中学水難事故と一日違いだったのである。

橋下北中学水難事故の日から10年前の昭和20年7月。

日本は第二次世界対戦の真っ最中で、アアメリカ軍の空襲はついには三重県の津市へと及び市民250人が焼死した。

そして火葬しきれない多くの遺体はこの海岸に穴を掘って埋めたという。

それがちょうど事故の10年前の7月28日だったというのだ

弘子さんは波に飲まれ溺れているという窮地の状況で恐怖のあまり何かを見誤ったのかもしれない。

しかし7月28日という奇妙な一致は事実であり弘子さんは戦時下の空襲で大勢の人の遺体が海岸に埋められていることを知らなかったのもまた事実である。

この件を境に梅川弘子さんは独自でこの中河原海岸にあった事故や不可解な現象について調べると以下のようなことがわかったという

●溺死事件の前日、大きな火の玉が浜辺の某家の屋根に落ちたのを釣りをしていた何人もが見たが、その家の娘も弘子さんといっしょに遭難水死した。

●腰まで海水に浸って釣っていた人が、突然何かに憑かれたように沖へ沖へと歩いていってそのまま海中に姿を消し、死体も揚がらぬ事件が四年間も続いている。

●渡辺小三郎という人は、幸い救われたが、病院で「亡霊を見た」とうなされ続け、意識不明のまま20日後に死去している。

遠浅で起こった水難事故として36人もの命が亡くなるのは世界的に見ても極めて異例。

「白い手に引きずり込まれた」と訴える生存者と死者36人は何をみたのだろうか?

橋下北中学水難事故は未だはっきりとした原因が現在でも不明のままだ。

そしてまた中河原海岸は未だ遊泳禁止となっており、地元の人でもこの場所で泳ぐ人はいないという。

コメントの入力は終了しました。