ペンチで歯を折られ・・・千葉県酒々井町ふじき野女性暴行事件

毎晩午後7時ごろになると「ぎゃー」という女性の悲鳴や、罵声を浴びせる声、またときには「はいっ」と答える女性の声が近所に響きわたって近隣住民は少しずつ異常を感じていた時だった。

2018年5月28日、同居をしていた無職の女性(25歳)に暴行を加えたとして、傷害容疑で自称会社員の高村良容疑者(28歳)、内縁の妻で自称自営業の小倉実里容疑者(27歳)を逮捕した。2人は容疑を一部否認している。

スポンサーリンク



千葉県酒々井町ふじき野女性暴行事件<事件詳細>

※閲覧注意

暴行事件は2018年3月から通報される5月18日までにかけて発生。

高村良容疑者たちは3月初旬の暴行が始まった同時期に千葉県酒々井町ふじき野に引越してきたばかりで、それまで別の人が住む借家であったことがわかっている。

小倉実里容疑者が自称自営業として経営していたというエステ店で、以前働いていた被害者女性が家庭の事情で住む場所に困っていたという理由で高村良容疑者の自宅に同居。

それからが女性に対しての暴行の始まりだった。

高村良容疑者と小倉実里容疑者は共謀の上、女性に殴る蹴るなどの暴行の他に、ペンチで女性の歯を折ったり、顔に熱湯をかけたり、足に竹串を刺す、棒や電気コードで殴るなどの暴行を加えた。

連日続く暴行を高村良容疑者と小倉実里容疑者は近隣に探られないようにか、窓のシャッターは常に閉め切った状態だった。

夜になると高村良容疑者宅から「ぎゃー」という悲鳴が聞こえだすようになってから被害者女性が足を引きずってごみ捨て場まで歩く姿や、雨の日に傘をさして自宅前で座り込んでいる姿が目撃されている。

女性への暴行は日を増すごとにエスカレートしていった。

女性は顔のあざを隠すため白いファンデーション、殴られ腫れた唇には真っ赤な口紅をして外出していた。

しかし、それは日を追うごと隠しきれなくなり、暴行がエスカレートするごとに化粧も厚化粧に。

その異様な厚化粧は近所で「『オバケのQ太郎』のような女性がいる」とウワサになっていた。

女性は近所のコンビニに、朝昼晩と3回ほぼ毎日来店していた。

高村良容疑者と小倉実里容疑者に頼まれたのであろう公共料金の支払いと一人分の食事を買ってイートインスペースで食べていた。

3カ月間通っていたことで店員は暴行がエスカレートし、顔が変わっていく女性に何度か声をかけているが女性は「転んでしまった」とごまかした。

しかし女性の顔は歯が抜け折れていたり、顔がボールのように腫れがひどくなっていった。

2018年5月18日、コンビニに来店した女性に女性店員が声をかけたところ、暴行されていることを認めたため、「3カ月前から顔などを腫らした女性がいる」と交番に通報し事件が明るみになった。

高村良容疑者と小倉実里容疑者は任意同行の後、2018年5月28日に逮捕された。

保護された被害者女性は全身に打撲の痕ややけどがあり、重傷だった。

スポンサーリンク



千葉県酒々井町ふじき野女性暴行事件<犯行動機>

警察の調べに対し、逮捕された高村良容疑者と小倉実里容疑者は
「約束を守らなかった」
「話している時に寝たり、人の話を聞いていなかった」
と供述し暴行したことを認めているが、
「やったことも、やっていないこともある」
と一部容疑を否認。

スポンサーリンク

千葉県酒々井町ふじき野で女性を暴行し重傷を負わせた高村良、小倉実里とは?

高村良容疑者

名前:高村良(たかむらりょう)

年齢:28歳

職業:会社員(自称)

住所:千葉県酒々井町

小倉実里容疑者

名前:小倉実里(おぐらみさと)

年齢:27歳

住所:千葉県酒々井町

職業:エステ店経営(自称)

スポンサーリンク



千葉県酒々井町ふじき野女性暴行事件<ネットの声>

スポンサーリンク



暴行され続けた被害者女性は何故逃げなかった?

暴行され続けた被害者女性は外出をしていたにも関わらず何故逃げなかったのか?

それは高村良容疑者と小倉実里容疑者2人が女性に対し日常的に暴行を加えマインドコントロールしていたものと思われる。

意識的にマインドコントロールをしていたのかは、不明であるが保護された当初、女性は、「私が悪い」と話ししていたそうだ。

しかしカウンセリングを受けると徐々に真実を話しだし、「実は殴られていた」「怖くて逃げることができなかった」と話ししていたという。

ペンチで女性の歯を折る、顔に熱湯をかける、足に竹串を刺す、棒や電気コードで殴る、このような暴行を日常的に行われていたことが異常をきたしている。

このような環境下におかれ、毎日繰り返し暴行され続けた例は数多くあり、マインドコントロール下に置かれた場合、逃げることもできず殺人事件に発展することも珍しくない。

今回、コンビニの女性店員が最悪の状況を回避したと言える。

コメントの入力は終了しました。