北海道札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件

1999年7月26日午後11時30分頃、北海道札幌市中央区の通称 「ミニ大通り」に停まったままのタクシー内で、大和交通の運転手 赤堀慶克さん (48歳) が死んでいるのを通りかかった別のタクシー運転手が発見。
スポンサーリンク



北海道札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件【事件の詳細】

赤堀慶克さんのタクシーは防犯灯が点滅しており、乗務記録から約3万円の入ったと思われる売上金が入った黒色ビニール製バックが奪われていた。

赤堀慶克さんはハンドルに上半身をもたれかかるようにしており、左胸に刃渡り10センチの果物ナイフが刺さっていた。

運転席側の窓と、運転席後ろの座席のドアが開いたままになっていた。

こうした状況から、犯人は客を装って乗車し、発見場所で停車させた後、突然、赤堀慶克さんを襲い、売上金を奪って逃走したと見られている。

赤堀慶克さんは事件後自ら緊急連絡装置を作動させている。

乗務記録では26日午後11時20分頃、現場から3キロ離れた札幌市中央区北二東七で、客を降ろしたのが最後。

犯人は札幌ファクトリー周辺から札幌グランドホテル付近までの間でタクシーに乗車したと推定、発見されたタクシーのメーターは実車中で料金は1560 円になっていた。

赤堀慶克さんは刺された後、本社の無線で事件発生を告げ、現在地を報告した後、言葉にならない声を発し続けていたことが確認されている。

赤堀慶克さんの26日の勤務は午前8時から27日午前2時までの予定だった。

現場は小さな公園が道路の中央分離帯の中にあり、周辺はマンションが立ち並んでいる。

夜間の車の通行は少ないが、公園内にある公衆トイレはタクシー運転手達がよく利用するものだったという。
スポンサーリンク



北海道札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件【犯人の情報】

現場から逃走する若い男が目撃されており、警察では犯人の可能性が高いとしている。

目撃者の話では犯人は自色の半袖シャツを着て、黒っぽいズ ボンを履いていた。

20歳~40歳代で、身長が165センチから170センチくらいだとという。

凶器の果物ナイフだが、同類の製品が道内のスーパーや100円ショッ プで広く販売されているもので、購入先の特定は困難。

また翌2000年にもこの事件の現場から直線距離にして約3キロ離れた場所でも似たような手口のタクシー運転手強盗殺人が起きており、この事件同様に未解決事件となっている。

コメントの入力は終了しました。