三島事件/三島由紀夫はなぜ切腹自殺をしたのか?

三島由紀夫は文化人であったということもあり、この切腹自殺には三島由紀夫の思想をあらゆる角度からあらゆる人が諸説を語っている。

スポンサーリンク




しかし行動のみでこの事件の目的を語れば

三島由紀夫は「軍隊」の復活を願ったのだ。

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、日本の作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした

1970年頃の日本といえば高度経済成長期であり、日本国内でもテクノロジーを中心に様々なものが発展していった。

しかし世間の景色は三島由紀夫の目からは堕落した日本国にしか見えなかった。

軍国主義のような生活や、男らしさのある志が必要と感じていたが、その心は時代の発展とともに薄れ今後さらに堕落していく日本には絶望しかないと懸念していた。

三島はそのような思想、志を持った男が自衛隊隊員のなかにいるものと信じていた。

そこで陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて三島由紀夫の思想に賛同した4人若者を従え「盾の会」と称しクーデターを起こした。

しかし三島の想いとは裏腹に同志を求め演説をするも、自衛隊員はヤジばかりを飛ばし、からかい、三島に賛同する自衛隊員はいなかった。

三島由紀夫は失望した。

自衛隊、そして日本への堕落に失望した三島由紀夫に残された道は命を絶つことしかなかった。

スポンサーリンク



三島由紀夫 自殺の瞬間

自衛隊員の態度に失望し室内に戻ってきた三島由紀夫。

介錯を委ねたのはともにクーデターに同行した森田必勝。

※出典元 森田必勝

「森田、お前は残れ」と三島由紀夫に何度も最後まで言われたが「先生、僕も続きます!」と森田必勝も自決を決意する。

その後、三島由紀夫は短刀を腹に深く刺し込み、右へ向けて腹を切り裂いた。

内臓が飛びだし、事件後の遺体解剖の鑑定官もその驚異的な精神力に驚いていたという。

次の瞬間、森田必勝が三島由紀夫の背後から一太刀を振りかざしす。

しかし、躊躇した森田の介錯は右肩に当たり失敗。

その時、三島由紀夫から「落ち着いてしっかり狙え!」と森田必勝に指示がでた。

三島由紀夫はこの時、痛みで舌を切ろうとしている。

しかし、振りかざした二太刀もうまくはいかず、その時点で前のめりに三島は倒れるも生きていた。

三太刀目でも首と胴体が離れず、森田必勝はその時点でもう1人の隊員、古賀が一太刀で首の皮一枚がつながった状態まで介錯。

その後、短刀で首の皮を裂き胴体と頭部を切り離した。

頭部の離れた三島由紀夫の胴体の横に座り、森田も割腹。ためらい傷などもあったが、古賀の介錯一太刀で首が切り落とされた。

残された会員たちは涙しながら、三島と森田の胴体と首をきちんと並べ、警察に連行された。


※出典元

この事件はある意味、三島由紀夫の一人よがりだった事件だったかもしれない。

しかし、三島由紀夫が一連の行動、そして残された書物は現在でも語り継がれることとなった。

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする