ピザ配達人首輪爆弾爆死事件

2003年8月アメリカのエリー湖に近いペンシルバニア州で銀行強盗が発生した。

しかし、犯人は銀行の外で待ち構えていた警察にいともあっさり逮捕された。

しかしこの銀行強盗はただの銀行強盗ではなかった。

「俺に首輪がついているだろ。この首輪に爆弾がついている!もうすぐ爆発する!」

その後、自分の身元を叫び出した。

彼はピザの配達人ブライアン・ウェルズ。46歳。

この地で30年、真面目に働いていたピザの配達人であった。

事情を聞くと、ピザを届けに行ったところ、客に拳銃をつきつけられ、この首輪をはめられた、と言う。

「この首輪には時限爆弾がついている。

銀行に行って強盗をしてこい。

その金を持ってきて帰って来たら爆弾を解除してやる、と言われた。

俺は被害者なんだ!」と叫ぶ。

さらに「この爆弾にはトリップコードが仕掛けられていて、誤って処理すると爆発する、と言われている」状況を把握しきれない警察。

首輪の爆弾が本物なのか?

ブライアンの供述の信憑性は?

供述や一連の騒動が半信半疑になる。

警察は即、爆弾処理班を呼んだ。

爆弾処理班を待っている間、犯行現場の状況がニュースとなり、メディアも集まり各局、緊急の生放送を始める。

ブライアンは手錠がかけられた状態で、焦り、叫んだが、力なく地べたにへたり込む。

処理班が到着する3分前に、状況が一変した。

首輪の時限爆弾が爆発。

「ピザ屋の店長に連絡させてくれ」という言葉を最後に爆弾が爆発、ブライアンは爆死。

爆発の瞬間は全米に衝撃を与えた。

ピザ配達人首輪爆弾爆死事件 犯行動機の謎

結局、この事件は何がどうなっているのか?警察やメディア、そして誰しもがこの事件について議論し始めた。誰が何のためにピザ配達人に爆弾付きの首輪をはめたのか。

自殺願望のある容疑者の犯行か?

警察の調べで、爆発までブライアンが与えられた猶予時間は50分と判明。

そもそも50分という時間は、銀行強盗をやって戻ってくるだけの余裕ある時間とは考えにくい。

これだけの精巧な爆弾をつくれるのにわずか50分しか猶予を与えなかった理由は何なのか?

さらなる謎がブライアンのシャツだ。

ブライアンのシャツに手書きで「GUESS」と書かれてあった。(「GUESS」:訳 推測する)

つまり犯人が「この事件の意味がわかるか?」と警察やFBIを挑発しているかのよう、本当の目的とは何なのか?

謎だらけの事件となった。

事件の捜査はFBI主導で行われたにも関わらず、謎が多すぎるこの事件は捜査が難航していた。

スポンサーリンク



ピザ配達人首輪爆弾爆死事件 犯人

事件発生からおよそ1ヶ月後、事件は動く。

郡警察はウィリアム・ローススティーンという男性から「冷凍庫に死体が入っている」という通報を受け、ウィリアムの家で大型冷凍庫の中から死体を発見する。

遺体はジェームズ・ローデンという男性で、ウィリアムの証言によると、ウィリアムの知り合いの女性マージョリー・アームストロングから連絡があり、ウィリアムはマージョリーの家を訪ねた。

すると、マージョリーの恋人ジェームズ・ローデンが浮気をしたということで、マージョリーに射殺され、ウィリアムに死体を処理するよう頼んだ。

しかし恐怖を感じたウィリアムは警察に通報し、ウィリアムは死体遺棄の容疑で、マージョリーは殺害容疑で逮捕されたのだった。

実はFBIは、爆弾や改造銃作る技術を持っている人間が、ウィリアムである事に調べはついていた。

ウィリアムの自宅には作業場もあり職業は電気配線工。

近所では「発明家」として有名であり、一方でマッドサイエンティストの側面を持っていた。

ブライアンが銀行強盗時に利用した銃も、紳士が持つようなステッキの中に銃を仕込んであった。

それもウィリアムが作成した仕込み銃であったのだ。技術者ウィリアム、主犯格マージョリー、実行犯ウェルズの3人による一連の犯行だと確信し、裏付けの為、 捜査を進めた。

捜査を進めるすると、マージョリーは過去に2度、結婚していたが、2度とも夫が不審死していたことが判明。

1984年当時、付き合っていたボーイフレンドを射殺する事件を起こしているが、この時は正当防衛が認められ、無罪となっていた。

刑務所に収容されていたマージョリーとウィリアムには、何度も取り調べが行われたが、2人からは自白が得られず、

2004年7月に、ウィリアムが急性白血病で死亡。

2005年7月、マージョリーは弁護士を伴い、捜査官に刑務所の移動を条件に有力な情報を提供すると持ちかけた。

そして、マージョリーはウィリアムに爆弾を作らせ、恋人のローデンは情報を漏らそうとした為、射殺したと自供する。

一気に起訴に持ち込めるかと思った矢先、弁護士が精神鑑定の必要を訴えた為、マージョリーの起訴には持ち込めなかった。

再び捜査が息詰まってしまうが、事件はこの後大きく動く・・・

ピザ配達人首輪爆弾爆死事件 新証言

2007年、ウェルズの馴染みの娼婦から、「2人でケネス・バーンズという男の家に行ったのだが、そこにマージョリーがいた」という新証言を得る事ができ、マージョリーとウェルズがつながった。

ケネスに事情聴取を始めた所、自分の量刑を軽くすることを条件に供述を始めた。

ケネスによると、主犯格マージョリーを筆頭に、ウィリアム、ウェルズ、そしてケネスの4人は仲間であった。

ウェルズは配達途中、ウィリアムの家に行き、マージョリーに偽物だと騙されて首輪式爆弾を装着される。

しかし、装着後、爆弾が本物であると言われ、犯行指示書を渡される。

銀行に向かったウェルズは、緊張と焦りから動揺し、わずかなお金しか奪えなかった為、現場にいたマージョリー達は逃走。

これが事件の真相であったのだ。

2007年7月、マージョリーは起訴され、終身刑が言い渡されたが、現在も無罪を主張している。

スポンサーリンク



ピザ配達人首輪爆弾爆死事件 おわりに

女性というのは時として男性以上に残忍かつ冷血な一面を見せる。

映画のような事件だが、現実にこのような恐ろしい事ができる人間の心理は理解不能。

また、爆発前の映像は世界中にも流され、現在もネットで視聴可能だが、かなりグロテスクな映像なので、閲覧には注意が必要。

この事件は仲間間でのトラブルであり、善良な一般市民が巻き込まれた事件でなかったのが、唯一の救いではないかと思う。

広告1

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする