スレンダーマンと同級生を19回刺した12歳少女たち※画像あり

2014年5月31日の朝、米国ウィスコンシン州で12歳の少女たちが起こした刺傷事件。

実際に起こったその事件について紹介。

スポンサーリンク



謎の人物「スレンダーマン」に操られた二人の少女<事件概要>

モーガン・E・ガイザーとアニサ・E・ワイヤーは、友人を森に誘い出した。

信じてついてきた友人をモーガン・E・ガイザーとアニサ・E・ワイヤーは、突然、おさえつけ、あらかじめ準備していたナイフを使って身体や手足を中心に19回もメッタ刺しにした。

被害者の少女は叫び、意識が朦朧としながら道路まで逃げようとした。

そんな少女を2人は引き倒し、じわじわと動きが鈍っていくのを確認し被害者の少女をそのままにして帰宅した。

被害者の少女は、その直後に通りかかった通行人に発見され、すぐに救急搬送された。

19箇所も刺され傷の一つは動脈のすぐ近くまで達っしていたが、瀕死の重傷であるにも関わらず、奇跡的に一命を取り留めた。

被害者の少女が一命を取りとめたことで加害者の二人の少女が逮捕された。

12歳の少女たちの刺傷事件ということも全米でショッキングな話題となったが、それ以上に話題となったのが、モーガン・E・ガイザーとアニサ・E・ワイヤーを洗脳し操っていた「スレンダーマン」という謎の男の存在だった。

スポンサーリンク



謎の人物「スレンダーマン」に操られた二人の少女<スレンダーマンの正体とは>

若干12歳の子供たちの闇を深め、刺傷事件まで起こした「スレンダーマン」と呼ばれる謎の男。

実は彼女たちが信じた「スレンダーマン」は完全なる架空の人物だったのだ。

スレンダーマン自体、アメリカでも有名な架空なキャラクターであり、Something Awfulというサイト内の「超常現象の写真を作る」スレッドで、Victor Surgeという人物が加工した写真こそがスレンダーマンの誕生だったのだ。

彼女たちが閲覧していたサイトはcreapypastaと言われる名前でいわゆる都市伝説のまとめサイトだ。

彼女たちが閲覧していたサイトのスレッドには残虐非道な行いをすることにより、スレンダーマンの手下になれるということ。

そう、彼女たちはどうしてもスレンダーマンの手下になりたかったのだ。

逮捕後にも、二人の口からは
「スレンダーマンの手下になりたかった」
「スレンダーマンに気に入られたかった」などと口述している。

スポンサーリンク



謎の人物「スレンダーマン」に操られた二人の少女<逮捕された二人の少女は>

アメリカでは、子供たちのインターネット利用を制限、または監視すべき論調が訴えられた。

そして問題となったサイトcreapypastaの管理人は文学のサイトであることを強調。

結局、事件の責任は刺傷を計画した二人にあるとし、懲役65年、保釈金50万ドルを求刑された。

子供の心に潜む闇を理解せず、大人が作ったサイトを素直に信じ込んでしまった少女たちばかりがすべて悪かったというのが、結果だ。

コメントの入力は終了しました。