カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故

「カナダ史上最悪の脱線事故」

2013年7月6日、カナダのケベック州ラック・メガンティックで起きた鉄道脱線事故。

「カナダ史上最悪の脱線事故」と言われる、その事故とは具体的に、どんな事故だったのか。

カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故<概要>

貨物列車は、73両編成で、タンク車を牽引していた。

タンク車の原油は計768万4,000㍑にもなる。

7月5日、23時25分頃、ラック・メガンティックから西方約13kmの”ナント”に乗員交代で到着。

停車位置は下り勾配であった。

その際に、機関車の燃料パイプから燃料漏れによる小規模火災が発生。

火災発生から5分後、消防士が消化のため先頭機関車のエンジンを停止し消火作業を行う。

鎮火後、消防士は安全を確認し退散。列車は完全無人となる。

すると機関車5両目とタンク車の編成の連結が外れ、列車が暴走。

同日、1時15分頃、列車は、ラック・メガンティックの市街地にあるカーブに突入、4両が脱線し、脱線事故が発生。衝撃でタンク車に積まれていた原油が引火し爆発。あたり一面が火の海となり炎上する。

カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故<被害状況>

爆発によっておよそ47名の死者が確認されたとあるが、死傷者数には現在も40と報道するところもあれば60と報道するところもあり正確な数字は不明。

DNA鑑定が出来ないほど遺体は激しく損傷しており、判別が不明であったり、断片部位しか見つかっていないものもあったという。

それだけ爆発の被害が凄まじかった事と想像に難くない。

カナダにおける平時の災害では、1956年に62人が死亡したトランスカナダ航空810便事故以来の規模になると推定されている。

建物などの被害は、現場周辺の4区間が壊滅被害を受け、30棟の建物が倒壊、住民2000人が避難。

消防士150人を動員、約2日間の消火活動によって鎮火。

被害総額はおよそ190億円と言われている。

スポンサーリンク



カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故<事故原因>

事故調査、当初は、「空気ブレーキと連結部分が何らかの理由で外れた」「事故ではなく、事件性もある」という2面から調査を進めていた。

しかしブラックボックスを回収し調査した結果、小規模火災の際に、消防士が消化のためブレーキを解除したことが原因であると判明。

また、下り勾配に停車していたため、タンク編成の重みに耐えれず連結部分が外れ、暴走。

スポンサーリンク



カナダのラック・メガンティック鉄道脱線事故<まとめ>

ヒューマンエラーが原因で起こった大事故。「消防隊員らがブレーキを解除したこと」たったこれだけのささいな事が、この大惨事につながるのは消防隊員だけの問題ではない。

もちろん一番の被害者はそこに住んでいた町民。

一説によるとヒューマンエラーの撲滅は不可能という説もある。

エラー(ミス)が起きてもカバーできる仕組みづくりが必要である。

仕事をしていて、そんな経験はないだろうか?